Black Outチーム(コンセプト評価)のまとめ-PRODUCE101JAPAN(日プ、プデュ日本)

BlackOut

2019年11月21日に第9回のプロデュース101ジャパン(日プ、プデュ日本)が放送されました。

ついに第三回現場投票である「コンセプト評価」の始まりです。

前回の放送で60名から35名にまで絞られた練習生達。

コンセプト評価は5つの課題曲に分かれてバトルします。

 

※この記事はBlack Outチームだけに焦点を絞ってまとめています。

コンセプト評価課題曲Black Outについて

課題曲はプロデュース101ジャパンのオリジナル曲となっているので、練習生達の為の曲という事で気合が入りますね。

ジャンルはfuture popです。

 

どの曲を誰がパフォーマンスするのか?

それを決めるのは国民プロデューサーです。

5つある課題曲をそれぞれ歌って欲しいと思う練習生に投票します。

その結果で練習生達の課題曲が決まりました。

 

Black Out は恋人との別れを歌った大人の色気漂うラテンベースの楽曲です。

歌だけでなく、歌詞とマッチした印象的な振りで魅せるパフォーマンスが必要です。

 

セクシーさが必要な大人の曲ですね。

そしてオリジナル曲なので、レコーディングもします。

ほとんどの練習生が初めてレコーディングを経験することとなります。

コンセプト評価Black Outチームのメンバー構成-PRODUCE101JAPAN(日プ、プデュ日本)

コンセプト評価

前回の放送で脱落者が出る前の編成はこちらでした。

サブボーカル1:キム・ヒチョン(センター、リーダー)、与那城奨(センター)

メインボーカル:安藤誠明

サブボーカル2:本田康祐、佐野文哉

サブボーカル3:大澤駿弥、中谷日向

サブボーカル4:内田脩斗

ラップ1:金城碧海、中林登生

ラップ2:古屋亮人

 

脱落者が出て35名へと減った後、Black Outチームの人数は7名ちょうどになりました。

コンセプト評価

もう一度、パート分けをしていきます。

 

メインボーカル決め

安藤誠明くん、与那城奨くん、佐野文哉くんが立候補します。

1人ずつ歌いながらダンスを披露して決定します。

コンセプト評価

立候補しなかった4人で話し合いの結果、安藤誠明くんに決定。

 

理由

金城碧海くん→インパクトのある声が良い。

キム・ヒチョンくん→ダンスは短時間で上手くなれることもあるけど歌は短時間で上手くなった人を見たことがない(今までの経験の中で)

本田康祐くんは全体のパフォーマンスとして見た時に佐野文哉くんが良いのでは?と意見を出していましたが、結果として安藤誠明くんに決定していたので皆の意見に納得したのでしょう。

(大澤駿弥くんが誰を推していたのかは放送されませんでした;;)

 

センター決め

コンセプト評価

あとで後悔するよりも今やっておいたほうがいいと思うからみんな立候補しよう、とキム・ヒチョンくんが促します。

 

この曲のセンターは歌とダンスともに大胆かつ繊細な表現力が求められます。

コンセプト評価

キム・ヒチョンくんの助言もあり、メインボーカルの安藤誠明くん以外の6人全員が動画を取ってみて一番良い練習生を決める事に。

 

コンセプト評価

満場一致でキム・ヒチョンくんに決定。

 

大澤駿弥くんは、面白いキャラクターが目立って人気となっている部分がありますがそれを本人が気にし始めているようです

キャラクターだけではなく、パフォーマンスが凄いと言われるように頑張っている様子がヒシヒシと伝わってきます。

ですが今回も今西正彦くんのモノマネをして笑わせてくれてました(めっちゃ似てた!)

 

サブボーカル2決め

本田康祐くんと佐野文哉くんが立候補します。

コンセプト評価

このパートは最後に「so black so black…」という決めポーズをするのですが、ココをやりたい、という2人が戦う形となりました。

本田康祐くんと佐野文哉くんはプロデュース101ジャパンが始まる前からの友達なので、できれば戦いたくなかったそうです。

blackout

ですがやりたい所がかぶってしまったので取り合うことに…。

 

コンセプト評価

他の5人で話し合った結果、佐野文哉くんに決定

 

佐野文哉くんは勝ったのに本田康祐くんの事を考えると素直に喜べません

コンセプト評価

(友達本田康祐くんを思っての、綺麗な涙でした。)

 

本田康祐くんは悔しくてなかなか吹っ切れません。。

本田康祐

サブボーカル2以外はやりたくなかった、と落ち込みます。

本田康祐くんの落ち込んだ様子のせいでチームの雰囲気が良くないのが分かっていても、悔しさが滲み出てしまいます。

コンセプト評価

それくらい本気だということが伺えます。

 



コンセプト評価Black Outチームのパート分け確定-PRODUCE101JAPAN(日プ、プデュ日本)

BlackOut

メインボーカル 安藤誠明 22歳 A
サブボーカル1(センター、リーダー) キム・ヒチョン 25歳 B
サブボーカル2 佐野文哉 22歳 B
サブボーカル3 与那城奨 24歳 O
サブボーカル4 本田康祐 24歳 A
ラップ1 金城碧海 19歳 A
ラップ2 大澤駿弥 22歳 AB

このチームは金城碧海くんが最年少で19歳。

最年長はキム・ヒチョンくんで25歳でした。

金城碧海くんは大人っぽいので19歳には見えませんね。大人っぽいこの課題曲にも合っていると思います。

 

コンセプト評価Black Outチームの練習風景-PRODUCE101JAPAN(日プ、プデュ日本)

本田康祐

本田康祐くんは、サブボーカル2対決で佐野文哉くんに負けてしまったのでサブボーカル4です。

その事をずっと悔しがって立ち直れないまま練習をしていたので、他のメンバーも気を使い、気まずい雰囲気の中、練習をしていました。

 

トレーナーチェックの時にWARNERトレーナに「体調が悪いの?」と聞かれます。

本田康祐

WARNERトレーナーに思っていた事を口に出す事で、荷が下りたような気がしたそうです。

 

埋もれていると思って一番大事なところを忘れてしまっていた事に気が付きます。

本田康祐

1番大事なもの「ダンスを楽しむ気持ち

 

この曲はオリジナル曲なので、レコーディングもします。

(11月29日からiTunes他で配信開始)

 

金城碧海くんは初めてのレコーディングにめっちゃ嬉しそうにはしゃいでいて可愛かったです。

コンセプト評価

デビューした感じがしたそうです。(かわいい)

 

安藤誠明

安藤誠明くんも初めてのレコーディングが楽しくて仕方ない様子でした。

 

一方、ラップの大澤駿弥くんは…

大澤駿弥

「もっとエネルギッシュに」

「余裕を持って」

「もっと自信を持って声が前にでるように」

と、指示を沢山受けます。

何回もやり直したそうです。

 

レコーディング後もずっと練習をしていた大澤駿弥くん。

菅井トレーナーにも教えてもらいます。

大澤駿弥

キャラクター的に声を作っているのか?と菅井トレーナーに聞かれますが、どうすればよいか相談しようと思っていた、とアドバイスを求めます。

菅井トレーナーは口の明け方だと指摘。

あとリズムを治してもらいます。(菅井トレーナーはいつも最高)

 

同じラップの金城碧海くんはラップ同士、掛け合いをしないといけないので、普段からコミュニケーションも取るようにしている、と普段の生活までパフォーマンスの事を考えていました。(プロですね)

金城碧海

 

キム・ヒチョンくんにも相談していましたが、「できるのにできないと思って悩みすぎだ」と指摘されたそうです。

 

大澤駿弥

最終確認の時にキム・ヒチョンくんが大澤駿弥くんのラップを「やばい、めっちゃいい」と評価。

大澤駿弥くんは素直に喜びます。

 

コンセプト評価Black Outチームのパフォーマンス動画-PRODUCE101JAPAN(日プ、プデュ日本)

この完成度はスバラシイ。

コンセプトの通りセクシーなパフォーマンスでした。

キム・ヒチョンくんの圧倒的なセンターで一つにまとまっていてすでにデビューしているのでは?と思わせてくれる程良かったです。

 

このチームが1回だけのチームなんて、もったいなさすぎる。

 

コンセプト評価Black Outチームの結果発表-PRODUCE101JAPAN(日プ、プデュ日本)

Black Out チームのチーム順位は…

 

 

コンセプト評価blackout

 

5チーム中、第4位となりました。。

 

107票獲得です。

完璧なパフォーマンスだったのに、残念です。

 

コンセプト評価はどのチームのパフォーマンスも素晴らしくて、BlackOutチームは4位となりましたが差は僅かだと感じます。

 

※追記:残念ながらキム・ヒチョンくんは一身上の都合で辞退されました。

残念ですが、プデュ日本版に参加したことで認知度が上がっていると思うし歌もダンスもキャラクターも良い逸材なので今後…プデュとは別の形でも活躍されることを期待します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です