ENHYPEN(エンハイプン)のデビューとコンセプトを考える。

2020年10月28日。

I-LANDから誕生した

ENHYPEN

(エンハイフン・エンハイプン)

韓国読みだと(エナイプン)

ついにデビュー日が発表されました!

デビューアルバム名

BORDER:DAY ONE

2形態

「DAWN」(夜明け)

「DUSK」(夕暮れ)

2020年10月28日から予約開始です。

10月28日まで、はっきりとした

デビュー日は知らされてなかったわけですが…

 

実はヒントが沢山、投下されていた事が発覚。

まずは

I-LAND最終回の次の日である2020年9月19日。

ビッヒは密かにデビュー日を知らせてくれていました

デビュー日は9月18日時点で既に決定済み

9月19日に投稿された画像です。

後ろの時計が11時30分ですよね?

これはデビュー日が11月30日だ、と

いうことを示唆していると思われます。

 

メンバーが決定したのは9月18日。

次の日(9月19日)に最初の挨拶として

公式twitter(韓国)

 

公式twitter(日本)

それぞれの言語で動画がアップされ、

 

メンバーのtwitterのほうに静止画がアップされました。

 

時計はどれも11時30分です。

ヒントをくれていたんですね~。

これをふまえて…

これからは

投稿された動画&画像は

隈なく細部まで見る事にしましたw

 

そして。

 

I-LANDの最終回も11月30日を示唆していた?

と思える場面がありました。

正確には「113」ですが

11月30日を示唆していたんじゃないでしょうか。

 

肝心のデビュー日である

11月30日を調べて見ると

満月でした

引用:こよみのページ

デビュートレーラーに赤い月の映像が

ありましたが、月が赤くなるのは

皆既月食。

11月30日は「半影部分月食」です。

国立天文台月食:https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse.html

皆既月食の時には月が赤くなるので

トレーラにあった赤い月のようなイメージです。

11月30日はそこまででは

なさそうですが月食があるので

作成陣はそれも含めてトレーラーを

作っているのでしょうかね。。

 

BORDER:DAY ONE「DAWN」と「DUSK」

10月26日の午前5時に投稿された

BORDER:DAY ONE「DAWN」

明け方の空の画像ですね。

 

10月26日午後8時に投稿された

BORDER:DAY ONE「DUSK」

王者?の椅子が夕日に照らされています。

 

CD形態は「DAWN」「DUSK」の2種類です。

内容

-CD1

– フォトブック: 204 X 214 (mm) / 136 page

– 透明ストーリーカバー: 204 X 214 (mm) 各形態ごとに6種

– ブックマーク: DAWN, DUSK 各形態ごとに3種、ランダムで1種/

110 X 47 (mm)

– フォトカード: DAWN, DUSK 各形態ごとに21種、ランダムで2種/

54 X 86 (mm)

– ポストカード: DAWN, DUSK 各形態ごとに1種(8ea 1set) / 120 X 170 (mm)

– ブロマイド: DAWN, DUSK 各形態ごとに1種 / 初回限定 445 X 594 (mm)

– ポラロイド: DAWN, DUSK 各形態ごとに150枚(全300枚)ランダムで1枚 / 初回数量のうち、300枚に限り(各形態ごとに150枚)アルバムの中にランダムで1種

2形態なら良心的ですね?

(この感覚が普通なのかわかりませんが)

BTSは基本4形態ありますし

セブチは13形態。。

全部買うととんでもない金額が

飛んでいく事になるわけで…。

特典でオンラインサイン会があるけど

なんと当選者は30名だけ!

当選確率はどれくらいになるんだろうね。

後でぜひ教えて欲しいです。

今後の為にも。

 

※その後12/22,26,1/5に

オンライン電話イベント開催決定。

こちらは結構当たっている人がいる印象。

何人ずつなんでしょうね?

BORDER:DAY ONEのコンセプト

ENHYPEN (엔하이픈) Debut Trailer 1 : Choose-Chosen

選ぶ-選ばれた

10月22日0時にトレーラー1がアップされました。

イメージしていたデビューコンセプトと

全く違っていて驚いたのと、

あ、ビッヒぽいな~って

印象でした。

デビューコンセプトにしては

ダークですよね?

ジェイクのナレーションが

雰囲気あって良かったです。

 

ENHYPEN (엔하이픈) Debut Trailer 2 : Dusk-Dawn

夜明け-夕暮れ

トレーラー1で誰が誰だか

わからなかった部分が

解明されました。

ニキの動きが凄くて

迫力&恐怖感が倍増です。。

クオリティアップに一役かってますね。

そして一番の驚き。

ジェイクがジョンウォンに

噛み付く場面・・・!

ヴァンパイアか。。

果たして全員が

ヴァンパイアなのか

誰かは狼男?

まだまだ謎が深い。

 

そもそもこのコンセプトは

いつ頃から考えられていたんだろう?

 

その疑問を探る為に

I-LANDを見直したわけですが

冒頭から「デミアン」の文章が使われていました。

 

ちょっと↓で触れてみます。

I-LANDから考えるENHYPEN

I-LANDのコンセプトとして

使われていましたが、

ENHYPENのコンセプトにも

関係している気がする

番組の冒頭に出てきた文章。

 

ヘッセの書いた「デミアン」

デミアン(新潮文庫)

有名な文章を引用していました。

鳥は殻を破ろうと戦う。

卵は世界だ。

生まれたければ

1つの世界を壊せ。

番組ではここまでしか

出ませんでした。

I-LANDのコンセプトですね。

 

ですがその後にも文は続いています。

鳥は神に向かって飛ぶ。

神の名はアプラクサスという。

 

ここで気になるのが「アプラクサス」という神。

ギリシア語でAbraxas 、Abraksas と書きます。

これは紀元2世紀頃エジプトの「バシレイデース」という賢者が説いた永遠原理(アイオーン)のこと。

ABRAXASの7文字は,七つの光,または数理的に365を意味する。

引用:コトバンク

7つの光。

これは7人のENHYPEN。

 

(ちなみにBTSのMV(WINGS)でも

「デミアン」の話が使われていました)

 

善であり悪でもあるアブラクサス。

善-悪

この世の秘密の真理。

 

考えてみても

はっきりとした

答えは見つかりません。

余計に迷路が広がりました。

 

こうやって色々考える事が

楽しいんですけどね。

これもビッヒの作戦の中なのでしょう。

トワイライトを元ネタにしているかも説

トワイライト~初恋~

2008年公開の映画

「トワイライト」

シリーズが沢山出ています。

 

ヴァンパイアのお話なのですが

目が赤色に変化した

ジョンウォンの部分や

ジェイクがジョンウォンの

首筋を噛もうとしていた場面等

ヴァンパイアが関連している事は

明らかとなっています。

雰囲気もそっくりなので

SNS等では「トワイライト」

からヒントを得ているとの

解釈が多くされています。

 

私も早速アマゾンプライムで

レンタルして見てみましたが…

半分くらいで睡魔に襲われ

数日後に、もう半分を

見ようと思った時には

レンタル切れで見れず…。

ですが雰囲気はわかりました!

これはCDの夕暮れバージョン

コンセプトに似ています。

 

明け方バージョンは

爽やか系っぽいですね?

デビューアルバムなので

どちらかと言うと

爽やか系のほうが

フレッシュさが出て

良いのでは?と思いますが。

(個人的な感想)

活動が進んでいくと

今のフレッシュさ、新鮮さは

無くなってしまうワケだし、

皆、こなれてくるわけでしょ。

今しか出せないフレッシュさ

を全面に出して欲しいな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です