FIRE/BTSチーム-PRODUCE101JAPAN(日プ、プデュ日本)グループバトル(グループ評価)

グループ評価

プロデュース101ジャパンの放送で行われたグループバトル(グループ評価)のFIRE/BTSチームをまとめています。

内容は第6回放送分と第7回放送分です。

FIREチームには人気のある練習生が多くいます

韓国勢も2名入っているので韓国の曲である「FIRE」をパフォーマンスするには有利になるのではないでしょうか。

それではFIREチームを詳しくまとめていきます。

FIREチームの流れ(あらすじ)-PRODUCE101JAPAN(日プ)グループバトル(グループ評価)

FIREグループ評価

FIREチームのメンバーを選択したのは豆原一成くんです。

豆原一成くんが選べる練習生は4名です。

(1位の川尻蓮くんのグループだけ全員選べて、後のグループは4人ずつしか選べない)

 

最初に選んだのはチョン・ヨンフンくん。

チョン・ヨンフン

理由はHALOでリーダーをしてきた経験がある。パフォーマンスもかっこいいし声も良い。

そして次に選んだのは鶴房汐恩くん。

鶴房汐恩

鶴房汐恩くんは選ばれた時に嬉しそうだったのが印象的でした。

前回のポジション評価では選ばれなくて寂しい思いをした事もあったので、より喜んでいたのかと思います。

インタビューでも選んでくれて嬉しかったと話していました。

続いてキム・ユンドンくん。

キム・ユンドン

順位の高い練習性が沢山集まりました。

そして4人目は河野純喜くんを選択。

河野純喜土下座

河野純喜くんは選ばれたのが意外だったらしく、土下座して感謝してました。

 

最後に誰にも選ばれなかった9名の中から逆指名で磨田寛大くんが入ります。

磨田寛大

誰にも選ばれなかった9名は自分から入りたいグループを逆指名して入れるのですが、おじけずいてしまい足を引っ張りたくないと人気のある練習生のチームは選ばず順位の高くない練習生が集まるチームへと入っていきます。

グループ評価

磨田寛大くんは「人生を変えたい。」と、選べるチームの中で一番順位の高い豆原一成くんのチームに入りたい、と指名します。

豆原一成くんのチームは笑顔で磨田寛大くんを迎えました。

 

曲決め

今までのプデュシリーズでは無かった「障害物リレー」で曲を決めます。

さすが日本版プデュ。

バラエティー色強めです。

網くぐり→知恵の輪→風船割り

という順番でリレーをします。

網くぐり:豆原一成くん

知恵の輪:河野純喜くん

風船割り:鶴房汐恩くん

河野純喜くんは3番目に知恵の輪を攻略。

最終走者の鶴房汐恩くんは風船割りに苦労します。

5分間くらい膨らませ続けないと割れなかったようでした。

鶴房汐恩

 

センター決め

「センターしたい人!」と希望者を聞くと磨田寛大くん以外、全員が手を上げました。

チョン・ヨンフンくんが磨田寛大くんが遠慮しているのを察して手を上げるように促します。

センターキメ

そして磨田寛大くんも素直に手を上げ、全員が希望者となります

 

決めポーズをして、一番良いと思った人を指差し、センターを決めます。

グループ評価

「いっせーのーでっ」(掛け声がかわいい)

豆原一成くん4票、河野純喜くん1票、チョン・ヨンフンくん1票

ということで豆原一成くんがセンターに決定!

(この時、鶴房汐恩くんは、ダンス未経験者の河野純喜くんをセンターに指名するという、恐ろしく険しい道を選択しています。。)

 

リーダー決め

放送では流れませんでしたが、チョン・ヨンフンくんがリーダーとなっています。

チョン・ヨンフンくんはHALOというグループでずっとリーダーをしていたので適任者だと思います。

 

FIREチーム-メンバー紹介-PRODUCE101JAPAN(日プ)グループバトル(グループ評価)

FIREチームのパート割り

パート割りグループ評価

メインボーカル 河野純喜 21歳 O
サブボーカル1(リーダー) チョン・ヨンフン 26歳 B
サブボーカル2(センター) 豆原一成 17歳 O
メインラッパー キム・ユンドン 24歳 A
サブラッパー1 鶴房汐恩 18歳 A
サブラッパー2 磨田寛大 20歳 B

最年少はセンターの豆原一成くん、17歳。(若い!)

最年長はリーダーであるチョン・ヨンフンくん26歳

改めて見てみると、9歳も年の差があるグループなんですね。

でも豆原一成くんがしっかりしていてチョン・ヨンフンくんが童顔なので全然、違和感がないです

血液型はAB型以外2人ずついる、という組み合わせのグループとなってます。

 

FIREチーム練習風景-PRODUCE101JAPAN(日プ)グループバトル(グループ評価)

FIREチームはダンス経験者が多いです。

FIREという曲は、難易度の高いダンスが特徴です。

大変なダンスなだけあって、揃った時は凄くかっこいいです

(昔、管理人(maa)はこの曲のダンス練習動画を見て感動したのを覚えています。)

 

ダンスの経験が無いのは河野純喜くんと磨田寛大くん。

特に磨田寛大くんはダンスが苦手なようで、リーダーのチョン・ヨンフンくんやキム・ユンドンくん、鶴房汐恩くん等々皆に教えてもらいながら一から覚えていきました。

グループ評価練習

人生を変えたいです。」と言っていた磨田寛大くん。

その言葉の通り、一生懸命練習に励んでいました。

グループ評価

 

そしてBTSは7人グループなので、6人で踊るとなると構成が変わります

リーダーのチョン・ヨンフンくんとキム・ユンドンくんを中心に皆で意見を出しながら変えていったそうです。

グループ評価

 

FIREチーム-パフォーマンス動画-PRODUCE101JAPAN(日プ)グループバトル(グループ評価)

本番のパフォーマンスです

照明をもう少し見やすい感じにしてくれると良かったのになぁ。。

全体的にまとまっていましたし、ダンス未経験者をうまくカバーして高レベルのパフォーマンスでした!

 

NO CUT ver.(定点カメラ)もどうぞ↓

定点カメラ好きです。

良いですねー。このダンス!

 

FIREチーム-順位発表-PRODUCE101JAPAN(日プ)グループバトル(グループ評価)

それでは、見たいような見たくないような、結果発表についてまとめていきます。

その前に重要な部分。

好成績だった練習生に送られるベネフィット(ボーナス)得点を記載します。

ベネフィット(ボーナス)について

今回のベネフィットはとても大きく、貰えるとかなり有利となりまます。

各グループの中で1位だった練習生 2万票
全グループの中で1位だった練習生 5万票
全グループの中で1位だったグループの全員 一人ずつ10万票!!

中でもグループ全員に一人ずつ10万票貰えるのは嬉しいですね!

どのグループも狙うのはもちろん、グループ1位です。

 

グループ内順位

FIREグループの中での個人順位を発表です。

グループ評価順位

豆原一成くんが1位でした

センターとしてプレッシャーもあっただろうに、1位を取れて良かったです。

2位は鶴房汐恩くん。

3位キム・ユンドンくん。

4位チョン・ヨンフンくん。

5位河野純喜くん。

6位磨田寛大くん。

 

個人総合順位

(※ベネフィット有り)

7位 豆原一成 20407票
17位 鶴房汐恩 400票
19位 キム・ユンドン 377票
20位 チョン・ヨンフン 359票
21位 河野純喜 349票
49位 磨田寛大 244票

皆もっと上でも良いのでは?

思ったより低い順位となりました。

磨田寛大くんも頑張ってたのでもう少し上かと考えていましたが…現実は厳しいですね。

 

グループ順位

では10万票がかかったグループの順位です。

グループ評価2位

惜しくも2位でした。

この時の豆原一成くんの涙が切なかったですね。

いつも2位になってしまう。

ですが1位に負けないくらい素晴らしいパフォーマンスでした

 

豆原一成川尻蓮

終了後、川尻蓮くんが豆原一成くんの所に歩み寄って声をかけます。

「純粋に見てて圧倒されたよ。」

と称賛の言葉をかけていました。

こういうところが川尻蓮くんの持っている人間性、温かみや情を感じます

豆原一成くんと川尻蓮くんの関係は高め合える良いライバル関係ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です