I-LAND(アイランド)ENHYPEN誕生の瞬間-第12話(最終回)まとめ後半

I-LAND(アイランド)第12話(最終回)の

前半記事の続きです。

I-LAND(アイランド)ENHYPEN誕生の瞬間-第12話(最終回)まとめ前半

2020年9月18に放送された

最終話の後半部分と感想となります。

今回は「アピール動画」を撮影する部分

からまとめていきます。

各自PR動画を作成

アイテムルームに突如沢山の品が並びました。

各自、好きなアイテムを使って

PR動画を撮影します。

内容と撮影場所は自由です

前回の1~3位の報酬として

与えられるPR動画の長さが違います。

1位のケイは60秒

2位のニキは50秒

3位のソヌは40秒

4位以下は皆30秒

アイテムを試着して楽しそうなアイランダーたち。

 

1位のケイは「かわいいコンセプト」で撮影

 

2位のニキは「マイケル・ジャクソン」

 

3位のソヌは「素質と豊かな表情」

 

ヒスンは「人気の大学生」

 

ソンフンは「ラブレター」

 

ジェイは「少女漫画の主人公」

 

ジェイクは「絵本を読むお兄さん」

 

ダニエルは「ダニエルのTMI」

 

ジョンウォンは「羊(ヤン)になって庭(ジョンウォン)をボードで表現」

 

デビューグループ名は「ENHYPEN(エンハイフン)」に決定!

これから活動していく上でとても大切なグループ名。

その名は

ENHYPEN」(エンハイフン)

に決定。

このグループ名には

連結」「発展」「成長

という意味が込められています。

パン・シヒョクPDは

彼らの存在意義に合っている

現代が彼らに望む役割もうまく表現できていると思う」

と気に入っている様子。

そして最後のテストである「Calling」のパフォーマンスが始まります。

ファイナルテスト「Calling」

プロデューサー陣だけでなく

BTS先輩やTXT先輩が見守る中

パフォーマンスをするのは

めちゃめちゃ緊張したでしょうね。

生放送だし。

見ている私まで緊張してしまいました。

無事にかっこよく終えて安心です。

(完全に親目線です)

 

ソンドクディレクターの評価

ジョンウォン→曲とパフォーマンスを良く理解できていた。

自分の魅力を確実に見せられていた。

ジェイク→最も大きく成長したメンバーだ。

今回のステージでも自分の役割を果たせていた。

実力以上の成果を出せていた。

ピドクディレクターの評価

ジェイ→どんな曲でも自分の魅力を引き出す能力を持っている。

今回も確実にアピールできていて印象深かった。

ダニエル→個人的にダニエルの声が好きだ。

パートが少なかったのは残念だ。

でも自分のパートの時に歌に入り

込んでいるのが伝わった。

ワンダーキッドディレクターの評価

ケイ→最初のパートから力強さをキープ

できてたおかげで最後までチームに

緊張感をもたせていた。

ヒスン→今日のダンスは全力で踊っていた。

いつもより気合の入った姿を見て感心した。

ソンフン→普段どおり安定した実力を

発揮できていた。

トゥブディレクターの評価

ソヌ→パート1の時は体調が良くなくて

ダンスの力も弱かったが今日はそんな姿が

一切見られなかった。感心した。

ニキ→踊りが上手いだけのダンサーという

イメージだったが最近はアイドルらしさが

出てきて魅力が高まった。

 

ここで先輩BTSのお言葉を頂きました。

アイランダーたちに必要なものは?

ホソク

最も大切なことは本質を忘れないこと。

何が好きで夢を追い始めたのか

どんな努力をしてきたのか

いいアーティストになるために

どんな努力が必要か、

その答えは簡単だ。

音楽を愛する気持ちと

パフォーマンスへの努力と愛情だ

これさえ守ることができれば

今より輝くスターになれるはずだ。」

 

ジミン

「心にとどめておいてほしいことがある。

応援してくれる人がいるということを

忘れずに、メンバーと自分の仕事を

愛し続ければいい結果が訪れると思う。」

 

ジョングク

「番組の序盤を見てた時はずば抜けて

目立つ子はいなかった。

でもジョンウォンくんを見てうまいなと思った

すごく印象に残っている。

僕は情熱だけでここまでやってきた気がする。

皆も今の気持ちを忘れずに

グループ名のように発見と成長を続けて欲しい。」

 

両親からの贈り物

ファイナルテストの2日前。

アイランダー達に内緒で両親からの贈り物が届きました

家族からの差し入れと手紙です。

海外メンバーは両親から聞いた

メニューを準備してくれてました。

ニキはお寿司とチキン。

ジェイはカルビチム。

ヒスンは大量の果物。

ごはんが欲しい、とヒスンは言ってましたが。笑

ソンフンはキムチ煮込み。

ソヌの差し入れにはお餅がありました。

(親戚がお餅のお店をしているとのこと)

 

両親からの手紙を読むアイランダーたち。

ヒスンのお兄さんはジェイのほうが

好きだとここでも書いていましたね。笑

 

ソンフンはこらえきれず、

声を出して泣きます。。

皆、泣かないように頑張って

読みますが、ケイは途中で

声を詰まらせ涙。

隣のニキも泣いていました。

食べ物と手紙で心も体も温まり両親に感謝。

ソヌのお餅をニキも頬張っています。笑

懐かしい顔ぶれ

9人が練習している時、卵が動いて

誰かがやってくる気配がします。

中に入っていたのは脱落していった仲間たち!

一斉に駆け出して久しぶりの再会を喜びます。

ニキはニコラスに抱きついて涙を見せていました。

何故来たのかというと

最終回で「into the I-LAND」を

22人全員でパフォーマンスする事になったから。

驚く9人のアイランダーたち。

まずは、初めてアイランドに入った練習生

(ジミン、ジェホ)たちにアイランドを案内します。

ホテルみたいだ、と興奮する練習生。

 

22人全員がソファーに座るのも今回が初めて。

隙間なく埋まったのは初めてだ、とケイ。

皆が揃ったので「真実ゲーム」をやる事に。

ゴヌからソンフンに質問。

アイランドでビジュアル1位は僕だ

ソンフン

はい

皆大喜びです。

次はソンフンがソヌに質問。

ソンフンより自分のほうがイケメンだと思う

ソヌ

いいえ

ソンフン

そうだって言ってた!

ジェイが立ち上がり

「真実ゲームなんだから真実を答えろ!」

そういっていたジェイにダニエルから質問が。

掃除をサボった僕らに大げさに怒った

ジェイ

当たり前だ

ヒスンが追加質問

自分のお皿を皿洗いさせたことがある

ジョンウォンも追加質問

自分のゴミを捨てさせたことがある

ジェイ

俺にばっかり質問するな!

ジェイがいじられやすいキャラクターなのが

よくわかる「真実ゲーム」でした。

 

次は13人が回答した9人のイメージランキングを発表。

不潔なアイランダーは?

1位ダニエル

足が臭い、とバラされていました。

それを横で笑っていたジェイ。

2位がジェイだった事が発表され

清潔にする宣言。

 

13人によるビジュアル1位は

やはりソンフンでした。

2位はジョンウォン。

 

妹がいたら紹介したいのは?

こちらもビジュアル1位のソンフンが1位。

 

ソンフンに”誰の妹を紹介して欲しいか”

聞くと、ジェイクの妹を選びました。

実際にはジェイクに妹はいませんが、

いたら紹介すると思う、とジェイク。

 

年下扱いしたいのは?

最年長のケイが1位に選ばれます。

この後ヤジャタイムを3分設けました。

ウィジュはヒスンを年下扱いしたい、と

書いていて願いを叶えます。

ヒスンに「よくやってるぞ」と

お父さん風なタメ口。

ヒスンは「頑張ります」とおじぎ。笑

ダニエルはジェイに

「肩が凝っているんだ」と

肩もみをさせます。笑

満足そうなダニエル。

 

会いたかったメンバーは?

これは全員選ばれます。

”全員に会いたかった”

ほっこり温かい雰囲気に包まれます。

感動のアイランダーたち。

その後は全員で練習室に行き

「Into the I-LAND」の練習です。

音楽が流れると、懐かしさを

感じながら自然とスタンバイ。

22人で踊ると壮大。

いろんな事を思い出して感動です。

 

続けて今までパフォーマンスをしてきた曲が流れます。

I NEED YOU では感情移入したダニエルがかわいかった。

最初で最後の22人揃っての感動のパフォーマンス。

全員が楽しそうで、楽しみにしている様子が伺えました。

視ている方も楽しみでワクワク。

Into the I-LANDで始まり

Into the I-LANDで終わる。

最後は全員で。

最初に13人で踊り、9人は途中から

出てくるので裏でスタンバイしている時に

泣きそうになった、とソヌがvliveで言ってました。

その時に励ましてくれたのがケイだそうで。。

最後だから精一杯やろう、的な事を言ったと。

…涙しかありません。

 

いよいよ最後の7人の発表です。

 

全員、緊張していて表情が硬いです。。

そりゃそうですよね。

ここで人生がガラッと変わる大きな節目ですから。

まずは5位から発表されました。

5位ヒスン

 

4位ニキ

 

3位ジェイク

 

2位ジェイ

 

1位ジョンウォン

 

6位ソンフン

 

グローバル投票の結果、

6位までの発表が終わりました。

残るはプロデューサーの選択のみ。

ケイ、ソヌ、ダニエルの3人のうち

1人だけデビューできます。

プロデューサーが選んだ1人は

ソヌでした。

驚くソヌ。

前回のプロデューサー評価で1位を取った

ケイが選ばれるのでは?と予想していたのでしょう。

視聴者の間でもSNS等で

ケイを落とす事はないだろう」との意見が大半でした。

それがまさかの、ケイが落ちてしまうという謎。

ソヌはグループにいてくれると

雰囲気が良くなりそうで大歓迎なんですが、

ケイが落ちる、というのが理解できない

 

ケイ自信も、笑顔で喜んであげられない。

悔しさでいっぱいだったと思います。

ずっと下を向いているケイ。

ダニエルは辛いだろうに笑顔を作って頑張っていました。

 

ケイはグローバル投票では7位でした。

もし、グローバル投票のみでデビューが

決まっていたらデビュー組に入れていた

と思うと…いたたまれない。

 

ダニエルはグローバル投票で9位でした。

2006年生まれとめちゃめちゃ

若いので、ダニエルはこれからです。

ケイもダニエルも既にファンが沢山います。

今回はデビューに至りませんでしたが

今後、良い知らせが届くのを待つことにします。

 

見事デビューを勝ち取った7人。

ENHYPENとして、世界に羽ばたくメンバー。

今後も見守り続けます。

デビューが11月末という事で、

BTSのカムバが11月20日なので

1位は難しいのかな…。

でも1位2位をビッヒで埋めるって

夢があって良いですね。

1位候補にBTSとENHYPENとか。

楽しみです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です