脱落はあり得ない?PRODUCE101JAPAN(日プ、プデュ日本)で気になる練習生まとめ

プロデュース101ジャパンの上位圏にいる注目の練習生をPICK UP してみました。

上位圏にいるということは、デビューにとても近いということです。

最終的に12月11日(水)の生放送で最終順位が発表され、1位~11位までの練習生がデビューです。

今の段階で11位以内に入っていなくてもまだまだチャンスはあります。

それでは上位圏にいる人気の高い練習生をPICK UP !

脱落はありえない、安全圏にいる練習生達-(プロデュース101ジャパン)

すでに一定層のファンが付いている人気の練習生が「脱落者」になることはまず考えられません。

ここに書いた練習生が脱落することが万が一あったならば・・・いや、あり得ない!

※管理者(maa)が独断と偏見でPICK UPした練習生です。ご了承下さいませ。

 

ダンスセンスが頭一つ飛び抜けている「川尻蓮」くん

タイトル曲のセンターなので一番最初に覚えた人が多いのではないでしょうか?

圧倒的なダンスのカッコよさで引き込まれます。

しかも川尻蓮くんはダンスだけじゃない!

他の練習生からの信頼が厚くて性格も良い事がわかります。

そしてボーカルのレッスンを受けてボーカル力を上げる努力もしていました。

ポジション評価ではダンスポジションで一位になった本田康祐くんのことを喜んで涙を流すという仲間思いの一面も見れました。

他人の事を自分のことのように喜べる心の綺麗さ!素晴らしい。

 

誰もが認めるビジュアルを持つ「川西拓実」くん

川西拓実

見ればわかりますね?

美しいビジュアルで引き込まれます。

そして川西拓実くんの良い所は、大変な練習を「楽しい」と言える前向きな性格!

最初はビジュアルで惹かれた人でも内面の良さを知ってしまうと、川西拓実くんの深い沼にはまって出られなくなるでしょう。

 

第一回放送から分量が多かった高校生「豆原一成」くん

豆原一成

あんなにしっかりとしていてダンスの先生までしているのにまだ17歳という若さ。

驚いて印象に残りました。

そして日プのPDピックのようで初回放送から分量を沢山貰っていました

地元の岡山県で自転車を漕いでいる普通の高校生の部分まで撮影していたのには驚きです。

放送分量は少ないのファンが多い「木全翔也」くん

木全翔也

本放送には全く取り上げられてない木全翔也くん。

ですが自己紹介動画や対決動画で個性的な姿が印象に残る気になる練習生です。

ギャップが凄い、振り幅が大きいです。

ずっとAクラスなのにほんっとうに分量がありません。

 

国内だけじゃなく海外からの人気も高い「河野純喜」くん

河野純喜

元カノかわいすぎな件もありますが…文武両道、歌がうまいイケメン河野純喜くん。

ポジション評価では歌い出すまでめちゃめちゃ緊張していましたが、歌い出すと度胸が座っていましたね。

喉乾いたらカレーライス。

そしてカルボナーラパーティー開いて下さい。

 

独特な雰囲気がある「鶴房汐恩」くん

鶴房汐恩

独自の雰囲気を醸し出す鶴房汐恩くん。

最初の放送では挨拶をしなかったりa-non先生に態度がよろしくないと言われたりとマイナス要素が全面に出ていた鶴房汐恩くん。

放送回数を重ねるに連れ、悪い子じゃない事がわかってきます。

なんというか…独特なんです。単純、いや、純粋なんです

見守ってあげたくなるんですよね。

 

デビュー経験のある韓国人「キム・ヒチョン」くん

キム・ヒチョン

すでにデビュー経験済みのキム・ヒチョンくんはプロ感が凄いです。

ダンスや歌、礼儀等々、完璧に近いと思ってます。

そしてところどころでポソっと面白い事を言っていたりと、なかなか気になるキャラの練習生です。

深く知りたくなりますね。

キャラクターの濃さは一番「今西正彦」くん

今西正彦

タイトル曲のエンディング妖精に選ばれた時から、ある意味?心を奪われていました。

濃いキャラクターですがダンスのセンスは本物です。

ポジション評価のパフォーマンスはにはびっくりしました。

振り付けセンスも抜群

 

飄々とした明るさを持つ「大澤駿弥」くん

大澤駿弥

自己紹介動画からすでに面白い練習生でした。

ですがポジション評価ではイケメン感が爆発していたのでギャップに驚かされます。

大澤駿弥くんがいると他の練習生達の表情が和やかになっているので、良いムードメーカーなんだろうなぁ。

 

かわいいキャラなのにダンスも歌も凄い「宮島優心」くん

宮島優心

00lineの宮島優心くん。(もっと若いと思っていました。)

完全にバブ枠ですね。

X1(プロデュースX101)でいうとヒョンジュン枠。

ダンスがとても上手いし声も良いし、今後伸びていきそうです。

ポジション評価では残念な結果となりましたが人間的に成長してくれたのではないでしょうか。

 

ポギハジマ!諦めない「上原潤」くん

上原潤

諦めない姿勢がとても良い。

そして韓国語、英語も喋れるという事で世界に通用するアイドルを作るならば語学力は必須だと思うので重要な存在です。

ポジション評価のセンター争いに関しても賛否両論ありますが諦めきれずもう一度挑戦を言い出す所は性格が現れていると思われます。

精神的な面でこういった練習生がチームにいると、困難に出会った時に救われるのではないかな?と考えます。

 

キム・ユンドンくん、チョン・ヨンフンくんも人生かけて日本に来ていることを考えると落ちてほしくない

あぁー、枠がたりないです。マジで。



残留して欲しい練習生達-(プロデュース101ジャパン)

まだまだいます。

気になる練習生達。

・驚く歌声を持つ「男澤直樹」くん

・ダンスポジションで一位になった「本田康祐」くん

・Aクラスの「佐藤景瑚」くん

・放送分量まぁまぁ貰ってる「大平祥生」くん

絞りきれない!

もっと言っていいならまだまだ気になる練習生が・・・(きりがない)

 

全体的に上位層は固定されていているので安心感がありました。

ですが11月14日23:00~の投票では2pick制となったので、1日に投票できる人数は2名だけです。

(LINEの友達にSoftbankを登録した場合はプラス2pick投票することができます。)

LINEの友達機能を使っての投票を合わせたとしても1日4人にしか投票できなくなるのです。

そうなると今まで「ちょっといいよね~」位の気持ちで投票していた練習生の票が一気に無くなるので、順位が変わってくる可能性があります。

たった4人しか投票できないなんて…本当に迷います。

そしてLINEの投票に関しては不正投票が可能になっているので外国からの大量投票がされているようです。

すでに中国では1人で何千票も投票した人がいると噂になっています。。

そんなわけで第3回順位発表式は上位層も順位変動がありそうな予感です。

不安もありますが、運営さんがどうにか対処してくれる事を願っています。。

 

読んでいただきましてありがとうございましたm(_ _)m

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です