PRODUCE 101 JAPAN (日プ、プデュ日本)-ポジション評価の全て(総まとめ)

こちらの記事はプロデュース101ジャパン(プデュ日本版)の第一回現場評価(ポジション評価)の総まとめです。

撮影日は2019年9月14日、放送は第3回(10/10)&第4回(10/17)内になります。

放送回数を重ねるにつれて練習生達の内面や努力が見えてきて増々面白くなってきました

元々持っている才能を存分に開花できるポジションを選択できた練習生や、希望の枠が埋まってしまって残った枠へ入らざるを得ない練習生がいてこの段階ですでに明暗が別れているという残酷さ

でもこの段階では落ち込んでいても、これで国民プロデューサーの評価が下がるわけではないのです。

今までのプロデュース101でも残された練習生たちのグループが思いのほか良いパフォーマンスを披露して国民プロデューサーの評価が上るという事がありました。

グループ内で団結して頑張る姿がプデュの見どころの一つでもあります。

それでは、第一回現場評価「ポジション評価」についてまとめていきます。

ポジション評価について。対決方法、ベネフィット(加点)は何票か?

ポジション評価とはダンス、ボーカル、ラップの3つのポジションごとにそれぞれ対決して1位を競います。

今回の日本プデュでは同じ曲を2組のチームがパフォーマンス対決し、より良いチームに投票、そして最も良かった個人にも投票するというシステムです。

2組のうち勝ったチームの練習生には1000票が入ります。そして曲全体の中から個人で1位となった練習生には3000票が入ります。

ダンス、ボーカル、ラップの各ポジションの中で1位になった練習生には10000票が入ります。

2組のうち勝利した1組 1000票プラス(全員)
2組全体で1位の練習生 3000票プラス
各ポジション全体で1位 10000票プラス!

そして次の投票で61位以下の練習生は脱落となってしまいます。

ベネフィットがあると脱落を免れる可能性が高くなるのでチームでも勝ち、個人でも勝てるようにしなくてはいけません。

チーム戦でもあり個人戦でもあるのがポジション評価です。

曲決め&メンバー決め方PRODUCE101JAPAN ポジション評価

ポジション評価

曲を決める方法

・タイトル曲のセンター決め投票の1位から順番に曲を選択します。(Aクラスだけ)

・Bクラス以下はナイナイ岡村が箱の中に入っている名前の書かれたボールをくじ引きしていくという、Aクラス以外は「」まかせという残念な方法でした。

そして同じ曲を選んだ練習生を2チームに分けて争います。

メンバー決め

最初にその曲を選択した練習生が一緒にパフォーマンスをしたい練習生を選べます。

1組目は選ばれた練習生たちのグループとなり、2組目は選ばれなかった練習生たちのグループとなります。

どうしても1組に実力のある練習生が集まってしまうので、2組のグループは未経験の練習生が多くなります。

2組目は「選ばれなかった」という落ち込んだ雰囲気になりがちなこともあり、練習が大変だったと思います。

ダンスポジションバトルまとめ-PRODUCE101JAPAN ポジション評価

 

DNA / BTSチーム

dna

1チーム目
選択者:豆原一成
東郷良樹(途中までリーダー)
川西拓実
キム・ユンドン(センター)
小山省吾
キム・ヒチョン(途中からリーダー)
2チーム目
佐藤景瑚
鶴房汐恩(センター)
佐々木真生
内田侑斗
五十畑颯斗(リーダー)
渡邊公貴
1組のリーダーに東郷良樹くんが立候補してなりましたが、練習に1時間半遅れてくる(小山省吾くん(辞退)も一緒に)という事件があり話し合いの結果キム・ヒチョンくんにリーダーを変わってもらいました。

(遅れてきたのは大まかに言うと、東郷良樹くんと小山省吾くんは同じ部屋で宿泊していましたが、二人とも事前に集合場所を聞けていなかったので連絡を待っていたけど余りにも連絡がないのでスタッフに問い合わせたら「もう始まっている」と言われて…という内容の話を小山省吾くんがSNSでされていたようです。)

 

2組はチームが決まった段階で雰囲気が暗かったですが(特に佐藤景瑚くんはずっと下を向いていた)トレーナーに指摘されてからは気持ちを切り替え、凄くまとまりの良いチームへと成長していきました。

 

DNA / BTSチームのもっと詳しい記事はこちら↓
dna ポジション評価-課題曲別まとめ(DNA/BTSチーム)-PRODUCE 101 JAPAN (第一回現場評価)

 

WILD WILD WILD / EXILE THE SECONDチーム

wildwildwild

1チーム目
選択者:池本正義(リーダー)
井上港人
大澤駿弥
田中雄也(センター)
北川暉
山田恭
2チーム目
今西正彦(センター)
渡邊大貴(リーダー)
安藤優
青木聖波
山田聡
中野龍之介
1組の池本正義くんはリーダーの役目を果たす為にまとめることに精一杯で自分のダンス練習ができずトレーナーに指摘されます。

その後できていなかった所を改善していき、より良いチームへと成長していきました。

 

2組は今西正彦くんを中心に(同じチームの練習生がひまわり太陽と表現していました)皆の良い所を取り入れまとまったグループでした。

個々の個性が出せ、それでいてグループのまとまりもある良いパフォーマンスに仕上がりました。

 

WILD WILD WILD / EXILE THE SECONDチームのもっと詳しい記事はこちら↓

wildwildwild ポジション評価-課題曲別まとめ(WILD WILD WILD/EXILE THE SECONDチーム)-PRODUCE 101 JAPAN (第一回現場評価)

 

HIGH LIGHT / SEVENTEENチーム

high light

1チーム目

選択者:川尻蓮(リーダー、センター)
中里空
大平祥生
木全翔也
中林登生
宮島優心

2チーム目
佐野文哉(センター)
福地正
田口馨也
古屋亮人
西涼太郎
駒尺雄樹(リーダー)
1組は川尻蓮くんが振り付け、構成とすべて考えました。ですが先生に「同じテンションで見飽きる」と言われ悩みます。

このチームはすべて川尻蓮くんに任せていて「連くんがいるから大丈夫」という安心感があったようです。

川尻蓮くんは先生に指摘されてからは一人考え込んでいました。

川尻蓮くんと感覚の似ている中里空くんが川尻蓮くんに意見を出すようになり、だんだんチームの雰囲気も良くなっていきます。

 

2組の佐野文弥くんは最初から川尻蓮くんチームを意識して対抗心を燃やしていました。

バックダンサーをしていたのでダンスが上手いのですが先生に「技術に伴う表現力がない」と指摘されてしまいます。

福地正くんが同じ振り付けをそのままするより、オリジナルの振り付けで勝負しよう、と提案してくれます。

メンバーの実力や振り付けの難易度が下がり評価に影響が出かねない事などで悩みますがオリジナルの振り付けで頑張る事に決めます。

 

HIGH LIGHT / SEVENTEENチームの詳しい記事はこちら↓

high light ポジション評価-課題曲別まとめ(HIGH LIGHT / SEVENTEENチーム)-(第一回現場評価)PRODUCE101JAPAN

 

OVER THE TOP/Hey!Say!JUMPチーム

over the top

1チーム目
選択者:井汲大翔
大川澪哉(リーダー)
チョン・ヨンフン(センター)
北川玲叶
小松倖真
中谷日向
2チーム目
本田康祐(リーダー、途中までセンター)
白岩瑠姫(途中からセンター)
西尾航暉
黒川竜聖
草地稜之
熊澤歩哉
1組はチョン・ヨンフンくんが一番年上(26歳)で経験も豊富なのでチョン・ヨンフンくんを中心に練習していきます。

井汲大翔くんが国民プロデューサーに「赤ちゃんみたい」と言われているのでそのキャラクターを生かした振り付けを取り入れてトレーナーに褒められます。

全体的に和やかな雰囲気の中本番へと挑んでいました。

2組は大変でした

ダンス未経験者のFクラスの練習生が4人もいました

本田康祐くんはアイドルの振り付けを手掛けた事もある程ダンスが上手いので、本田康祐くんが4人を教えるのですが未経験の4人は一度で覚えることができず、本田康祐くんは挫けそうになります。

白岩瑠姫くんが本田康祐くんを助けつつ、完成させていきます。

 

OVER THE TOP/Hey!Say!JUMPチームの詳しい記事はこちら↓

over the top ポジション評価-課題曲別まとめ(OVER THE TOP / Hey!Say! JUMPチーム)-(第一回現場評価)PRODUCE101JAPAN

 

ボーカルポジションバトルまとめ-PRODUCE101JAPAN ポジション評価

HAPPY BIRTHDAY/back numberチーム

happy birthday

1チーム目
選択者:石井祐輝(リーダー)
床波志音(センター)
北岡謙人
グチェレスタケル
木原汰一
2チーム目
西山和貴(リーダー)
浦野秀太
岩崎琉斗(センター)
磨田寛大
安慶田真樹
1組目の床波志音くんはボーカル未経験ながらセンターとなりましたが喉を痛めてしまいます

床波志音くんの喉を早く治す事を一番大事にしていました。

 

2組はラップ希望だった安慶田真樹くんが希望のラップに行けずこの曲へやってきましたが菅井トレーナーのおかげでボーカルを頑張る気持ちになったようです。

直前になって歌い始めをセンターの岩崎琉斗くんから安慶田真樹くんへ変更したほうが良いという事になりましたが、言いにくい話を言葉を選んで伝えていた西山和貴くんに好感が持てました。

 

HAPPY BIRTHDAY/back numberチームのもっと詳しい記事はこちら↓

happy birthday ポジション評価-課題曲別まとめ(HAPPY BIRTHDAY/back numberチーム)-(第一回現場評価)PRODUCE101JAPAN

 

Wherever you are / ONE OK ROCKチーム

werever you are

1チーム目
選択者:林龍太(センター)
男澤直樹
中西直樹
イ・ミンヒョク(リーダー)
河野純喜
2チーム目
佐藤來良
鈴木晨順
寺師敬(リーダー)
西野友也(センター)
中川吟亮
1組の林龍太くんが喉を痛めているのでグループでの練習があまりできなかったそうです。

河野純喜くんが2組の練習を見て上手くなっていたので「ヤバイ」と発言をしたら、林龍太くんが「本当にヤバイと思ってたらすぐに練習しようって言いませんか?」という問題発言を(2組の聞いている所で)してしまい、ネットで賛否両論、色々な意見が出て物議を醸しました。

(この発言があったからなのか、再投票が始まると林龍太くんの順位が急下降してます。18位→49位)

 

2組は声の細い練習生が集まったようでトレーナーに指摘されましたが、逆にそれを武器に繊細さやハーモニーを大事に仕上げて本番では上手くまとめてきていました。

チームの団結力ではこちらのほうが断然、良かったです。

 

Wherever you are / ONE OK ROCKチームのもっと詳しい記事はこちら↓

werever you are ポジション評価-課題曲別まとめ(Wherever you are/ONE OK ROCKチーム)-PRODUCE 101 JAPAN (第一回現場評価)

 

Lemon/米津玄師チーム

lemon

1チーム目
選択者:大水陸渡
与那城奨(リーダー)
秦健豪
中本大賀
結城樹(センター)
2チーム目
菅野雅浩
米原尚平
渡辺龍星
長谷川怜央
片上勇士
1組の大水陸渡くんはボーカル未経験でリズムを取るのが苦手なので仲の良い中本大賀くんにリズムを取る方法を教えてもらっていました。

2組は渡辺龍星くんはダンスポジション希望だったのに定員オーバーで入れず、仕方なくこの曲へきたので気持ちの切り替えがなかなかできない様子でした。そんな状態の渡辺龍星くんを知った菅井トレーナーが前向きに取り組めるような言葉をかけてくれ、やっと気持ちの切り替えができたようです。

 

Lemon/米津玄師チームのもっと詳しい記事はこちら↓

lemon ポジション評価-課題曲別まとめ(Lemon/米津玄師チーム)-(第一回現場評価)PRODUCE101JAPAN

 

タマシイレボリューション/superflyチーム

タマシイレボリューション

1チーム目
選択者:佐藤隆士
宮里龍斗志(リーダー)
鈴木玄(途中までセンター)
安藤誠明(途中からセンター)
アルジャマ勇心
金城碧海
2チーム目
古賀一馬
高野慧
瀧澤翼(途中からリーダー)
石井健太郎
岡田武大
松倉悠(センター、途中までリーダー)
1組はリーダーの宮里龍斗志くんが持ち前の明るさで明るくチームをまとめます。

鈴木玄くんは劇団に所属していた経験があるからとセンターに抜擢されますが、高音が安定していないという事で安藤誠明くんに変更となります。

2組は最初は松倉悠くんがセンター兼リーダーでしたが負担が大きかったので途中から瀧澤翼くんがリーダーを受け持ちます。

このチームは松倉悠くん意外ダンスポジションを希望していましたがボーカルポジションになってしまい、モチベーションの低い状態で練習を続けていました。

曲の内容が「下剋上してやる」という歌なので自分達のモチベーションを上げるのに良かったそうです。

 

タマシイレボリューション/superflyチームの詳しい記事はこちら↓

タマシイレボリューション ポジション評価-課題曲別まとめ(タマシイレボリューション/superflyチーム)-(第一回現場評価)PRODUCE101JAPAN

 

ラップポジションバトルまとめ-PRODUCE101JAPAN ポジション評価

101オリジナル曲/ラップチーム

101オリジナルラップ

1チーム目
選択者:岡野 海斗(リーダー)
上原潤(途中からセンター)
中川勝就(途中までセンター)
稲吉ひかり
2チーム目
山本健太(センター)
三井瞭
森慎二郎
鈴木雅(リーダー)
1組のセンターは皆の前でラップを披露して一番良かった中川勝就くんに決定しました。

ですが上原潤くんがセンターを諦めきれず、もう一度もっと大勢の練習生の前で披露して決めたいと中川勝就くんに挑みます。

結果、上原潤くんが勝利します

センターは中川勝就くんから上原潤くんへ交代となりました。

 

2組はラップ未経験者がいて、鈴木雅くんが教えていたようです。

構成等も鈴木雅くんがまとめたようです。

三井瞭くんは「恩返し」をしたい気持ちを歌詞にこめました。

 

101オリジナル局/ラップチームのもっと詳しい記事はこちら↓

101オリジナルラップ ポジション評価-課題曲別まとめ(101オリジナル/ラップチーム)-(第一回現場評価)PRODUCE101JAPAN

 

点数まとめPRODUCE 101 JAPAN -ポジション評価

グループ別点数まとめ

1組 2組
DNA 270 119
WILD WILD WILD 70 321
HIGH LIGHT 317 72
OVER THE TOP 143 224
Wherever you are 310 75
HAPPY BIRTHDAY 87 301
タマシイレボリューション 358 35
Lemon 301 91
101オリジナル 308 76

 

個人点数-ダンスポジション

ポジション評価ダンス

DNA1組(ベネフィット有り)
キム・ユンドン 1095
川西拓実 1093
キム・ヒチョン 1076
豆原一成 1068
東郷良樹 1047
小山省吾 1012
DNA2組(ベネフィット有り)
佐藤景瑚 3141
鶴房汐恩 114
五十畑颯斗 43
佐々木真生 36
内田侑斗 26
渡邉公貴 23
WILD WILD WILD1組(ベネフィット有り)
大澤駿弥 103
北川暉 70
井上港人 61
田中雄也 56
池本正義 50
山田恭 40
WILD WILD WILD2組(ベネフィット有り)
今西正彦 4120
青木聖波 1117
安藤優 1078
中野龍之介 1058
山田聡 1006
渡邊大貴 1005
HIGH LIGHT1組(ベネフィット有り)
川尻蓮 1138
木全翔也 1089
宮島優心 1069
大平祥生 1059
中林登生 1018
中里空 1009
HIGH LIGHT2組(ベネフィット有り)
福地正 3178
古屋亮人 92
佐野文哉 55
田口馨也 30
駒尺雄樹 15
西涼太郎 10
OVER THE TOP1組(ベネフィット有り)
チョン・ヨンフン 139
北川玲叶 66
小松倖真 56
中谷日向 53
井汲大翔 36
大川澪哉 20
OVER THE TOP2組(ベネフィット有り)
本田康祐 14230
白岩瑠姫 1059
草地稜之 1033
黒川竜聖 1033
熊澤歩哉 1016
西尾航暉 1007

 

個人点数-ボーカルポジション

ポジション評価ボーカル

Wherever you are1組(ベネフィット有り)
男澤直樹 14224
河野純喜 1054
林龍太 1044
イ・ミンヒョク 1042
中西直樹 1016
Wherever you are2組(ベネフィット有り)
中川吟亮 112
西野友也 110
佐藤來良 82
鈴木晨順 39
HAPPY BIRTHDAY1組(ベネフィット有り)
床波志音 3217
グチェレスタケル 53
北岡謙人 52
木原汰一 35
石井祐輝 19
HAPPY BIRTHDAY2組(ベネフィット有り)
安慶田真樹 1102
浦野秀太 1081
岩崎琉斗 1073
磨田寛大 1054
西山和貴 1064
Lemon1組(ベネフィット有り)
与那城奨 4151
中本大賀 1125
大水陸渡 1066
秦健豪 1034
結城樹 1016
Lemon2組(ベネフィット有り)
菅野雅浩 127
長谷川怜央 87
米原尚平 66
片上勇士 41
渡辺龍星 31
タマシイレボリューション1組(ベネフィット有り)
安藤誠明 1092
鈴木玄 1088
宮里龍斗志 1069
佐藤隆士 1062
金城碧海 1046
アルジャマ勇心 1026
タマシイレボリューション2組(ベネフィット有り)
瀧澤翼 3167
岡田武大 44
古賀一馬 44
石井健太郎 38
松倉悠 34
高野慧 19

 

個人点数-ラップポジション

ポジション評価ラップ

101オリジナル曲1組(ベネフィット有り)
上原潤 1175
岡野 海斗 1085
稲吉ひかり 1059
中川勝就 1054
101オリジナル曲2組(ベネフィット有り)
三井瞭 13185
山本健太 80
森慎二郎 51
鈴木雅 40