ポジション評価-課題曲別まとめ(タマシイレボリューション/superflyチーム)-(第一回現場評価)PRODUCE101JAPAN

タマシイレボリューション

プロデュース101日本版(プデュ日本)の第一回現場評価であるポジション評価が2019年9月14日にありました。

(放送日は2019年10月10日、17日第3、4回放送分)

こちらのページはそのポジション評価の中で「タマシイレボリューション/superflyチーム」を掘り下げてまとめています。

 

PRODUCE101JAPAN (日本プデュ)のポジション評価ルール、加点方式

ダンス、ボーカル、ラップの3つのポジションごとにそれぞれ対決して1位を競います。

今回の日本プデュでは同じ曲を2組のチームがパフォーマンス対決し、より良いチームに投票、そして最も良かった個人にも投票するというシステムです。

それぞれ大きなベネフィットがあります。

その曲で勝利した1組 1000票プラス(全員)
その曲全体で1位の練習生 3000票プラス
各ポジション全体で1位 10000票プラス!

この票がプラスされた次の投票で61位以下の練習生はついに脱落、となってしまいます。

チーム戦でもあり個人戦でもあるのがポジション評価です。

 

ポジション評価タマシイレボリューション/superfly-チーム1組目

1組目
宮里龍斗志(B)(リーダー) 安藤誠明(B)(途中からセンター)
佐藤隆士(C) 鈴木玄(C)(途中までセンター)
アルジャマ勇心(F) 金城碧海(F)

センター決め

未経験の練習生が多いので経験のある鈴木玄くんがセンターにふさわしいのではないかということで、鈴木玄くんに決定。

(鈴木玄くんは子供の頃に劇団に所属していました)

リーダー決め

決めている所は放送で流されませんでしたが宮里龍斗志くんがリーダーを務めました。

 

センターを鈴木玄くんにしましたが安倉トレーナーに「キーが扱えているのは安藤くんしかいない」と言われます。

練習するもこの曲の高い音が出ないので、センターを変更する事を自ら提案します。

そして安定している安藤誠明くんがセンターとなりました。

センターは変わりましたが、経験者の鈴木玄くんを中心にパート分けを再検討していきます。

 

このチームの雰囲気を盛り上げていたのはリーダーの宮里龍斗志くんだと思います。

トレーナーチェックの時に体調が良くなかったのに額に「明るく」と書かれた冷えピタを貼っていたのが目を引きます。

 

ポジション評価タマシイレボリューション/superfly-チーム2組目

2組目
古賀一馬(D) 髙野慧(D)
瀧澤翼(D)(途中からリーダー) 石井健太郎(F)
岡田武大(F) 松倉悠(F)(センター)(途中までリーダー)

リーダー決め

全員がリーダーに立候補しました。

”なぜ自分にリーダーが向いているのか?”を一人ずつ喋って、松倉悠くんが”リーダーという嫌われ役になる部分も上手くやってくれそう”なのでリーダーを任せることになります。(最年長でもあります)

センター決め

サビの高音の部分を歌ってみて、松倉悠くんが一番出せていたということで、こちらも松倉悠くんが務めることとなります。

 

このチームはくじで呼ばれる事がなかった練習生達で、しかも1組目にも選ばれなかった残りもののチームということで、メンタルが弱っている状態でした。

このチームの中でボーカルポジションを希望しているのは松倉悠くんだけです。

残りの5人はダンスポジションを希望していましたが、残念ながら希望のダンスの曲はできませんでした。

この曲(ボーカル曲)に対するモチベーションがあまり高くない状態でした。

岡田武大くんは安倉トレーナーに「ダンスポジションのわりにボーカルの鳴りが良い」と褒められます。

 

松倉悠くんはセンター兼リーダーと負担が多いので、話し合をしてリーダーを瀧澤翼くんに変更することに。

瀧澤翼くんは現在16歳の高校2年生です。

その若さに、かなり驚きました。(かなりしっかりしていますね!)

やはり子役を経験している事が精神的な成長と関係しているんでしょうね。(天才てれびくん等に出演していました)

 

この歌は逆境の中から下剋上してやるっていう歌だと松倉悠くんが言っていましたが、曲の内容がモチベーションを上げる事に一役買っているようでした。

 



ポジション評価-タマシイレボリューション/superflyチーム-結果!

ボーカルポジション「タマシイレボリューション/superflyチーム」の投票結果です。

まずは個人別順位です。

 

1位は瀧澤翼くんでした。

瀧澤翼くんは良い歌声で、パフォーマンスの雰囲気を作るのも上手でした。

さすが経験者という感じですね。

センターで頑張っていた松倉悠くんが10位なのは少し残念です。

最下位のアルジャマ勇心くんは、あまり目立ってなかったので辛い所ですね。

 

次はチーム別の勝敗です。

1組の勝利です!

2組の票数は35票。。

ダンスポジション希望者が多いからそいう部分を取り入れてて楽しめたけど「ボーカル」の勝負なのでそうなるのかな。。

だけど頑張っていた2組目にも、もう少し票があればなぁと思わずにいられない。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です