WHY?(Keep Your Head Down)/東方神起チーム-PRODUCE101JAPAN(日プ、プデュ日本)グループバトル(グループ評価)

グループ評価WHY

GYAOで放送されたプロデュース101ジャパンで行われたグループバトル(グループ評価)。

WHY?(Keep Your Head Down)/東方神起チームに注目してまとめています。

内容は第6回放送分と第7回放送分です。

この課題曲は東方神起の代表曲ですがチャンミンくんの高音部分が特徴的です。

課題曲が発表された時に一番気になったのが高音部分は歌えるのか?ってことでした。

始まる前から不安でしたが、そんなのただの気苦労でした。

それでは早速グループができるところから深堀りしていきます。

WHY?(Keep Your Head Down)/東方神起チームの流れ(あらすじ)-PRODUCE101JAPAN(日プ)グループバトル(グループ評価)

安藤誠明くんがメンバーを選びました。

選べる人数は4人だけです。

佐野文哉くん、白岩瑠姫くん、今西正彦くん、與那城奨くん。

残りの1人はどのグループからも選ばれなかった残った9名の練習生が、自分の入りたいグループを逆に指名できます

WHY?グループには内田脩斗くんが逆指名で入りました。

上位メンバーばかりの中に入るのは勇気がいっただろうね

maa

グループ評価

安藤誠明くんが快く迎えます。

 

曲決め

曲の決め方は日本版独特の方法「障害物リレー」です。

早くゴールした順番で好きな課題曲を決められます。

障害物リレーメンバー

網くぐり:今西正彦くん

知恵の輪:與那城奨くん

風船割り:安藤誠明くん

知恵の輪で苦戦する與那城奨くん。

グループ評価

残念ながら知恵の輪は最後になってしまいます。

Loobani 知恵の輪 ちえのわ 謎解き 脳ティーザー リングパズル 脳トレ パズル スチールパズル 難易度 レベル 知育 遊び 玩具 おもちゃ ゲーム 楽しい 子供 大人 説明書付き 24点セット

新品価格
¥1,788から
(2019/11/18 10:01時点)

 

最終走者は安藤誠明くん。

一番最後に風船を割り始めたのに、驚異のスピードで膨らませ続け5番目で割ってしまう安藤誠明くんの体力に驚きです!

安藤誠明

 

ほとんどの練習生が5分近くかかっていたのに安藤誠明くんはなんと最速の1分33秒!で割りました

安藤誠明

そして残っていた最後のK-POP、WHY?(Keep Your Head Down)を選択。

 

リーダー決め&メインボーカル決め

残念ながら、リーダーを決めている部分は放送されませんでした。

ですが與那城奨くんがリーダーを務め、安藤誠明くんがメインボーカルとなっています。

メインボーカルについては少しだけ触れている部分が流されました。

白岩瑠姫くんが「メインボーカルはもうこの二人でしょ」的な感じで與那城奨くんと安藤誠明くんを推していました

その後どうして安藤誠明くんになったのかは、悲しいことに放送されていません。

※ここからは勝手な想像です。與那城奨くんはこの時すでにリーダーシールを貼っていたのでメインボーカルは安藤誠明くんに譲ったのかなぁ?と推理。

 

センター決め

グループ評価

今西正彦くんと白岩瑠姫くんがセンターをやりたいと言います。

 

佐野文哉くん「歌とダンスをバランス良くこなせるのは瑠姫だから」と白岩瑠姫くんをセンターに勧めます

佐野文哉

今西正彦くんもその意見に同調してセンターは白岩瑠姫くんとなりました。

 

白岩瑠姫くんは”途中で違うな、と思ったら交代するのも有り”と提案します。

(今西正彦くんの事を気遣っている発言なので、白岩瑠姫くんの優しさが伝わります。)

 

ラップ2決め

そして今度は「ラップ2」の取り合いです。

今西正彦くんと佐野文哉くんが同じように「ラップ2」がやりたい、と言います。

今西正彦

歌詞の「いつかはきっと笑うんだ」の所でニコッとしたいという今西正彦くんと、同じ部分を作りやすそうなのでやりたいという佐野文哉くん。

佐野文哉

リーダーの與那城奨くんは困ってしまい(やさしい性格が透けて見える)、結局最後はジャンケンで決めることになります。

グループ評価

ジャンケンの結果、今西正彦くんが勝ちとりました。

 

補足:

プデュ48を見ていた人ならわかると思いますが、韓国ではジャンケンでパートを決めるなんて、舞台を軽く見ている証拠だ非難されがちです。プデュ48で日本人の子が「ジャンケンで決めよう」と言った部分は凄い非難を浴びました。”誰でも良いのか?””より良い舞台を作る気がないのか?”等々。韓国人がパート決めをする時はパフォーマンスを一部やってみてどっちが適任者か?をメンバーで多数決を取る方法が多いです。

 

WHY?(Keep Your Head Down)チーム-メンバー紹介-PRODUCE101JAPAN(日プ)グループバトル(グループ評価)

WHY?(Keep Your Head Down)チームのパート割り

メインボーカル 安藤誠明 22歳 A
サブボーカル1(リーダー) 與那城奨 24歳 O
サブボーカル2 佐野文哉 22歳 B
サブボーカル3(センター) 白岩瑠姫 21歳 O
ラップ1 内田脩斗 21歳 B
ラップ2 今西正彦 18歳 A

最年少は18歳の今西正彦くん。

最年長は24歳の與那城奨くん。

改めて今西正彦くんってまだ高校生なんですね。

あれだけ自分のキャラクターを全面に出せる今西正彦くんには芯の強さを感じます。

血液型はABOがそれぞれ2人ずつとバランス良くいますね。(元々少ないAB型はいませんが)

 

WHY?(Keep Your Head Down)チーム練習風景-PRODUCE101JAPAN(日プ)グループバトル(グループ評価)

ボーカルポジション志望の與那城奨くんと安藤誠明くん。

ダンスポジション志望で振り付けができる今西正彦くんと佐野文哉くん。

個々の力が爆発できればグループで1番になることは不可能じゃない。」と白岩瑠姫くんが言う通り、個人の能力値が高い練習生が多く集まっている印象です。

白岩瑠姫

 

今西正彦くんと佐野文哉くんはどちらも振り付けの経験があるので、様子を伺い合う事が続き、会話が無かったようです。

グループ評価

そこの所を白岩瑠姫くんが持ち出して話し合い、解決策を探っていきました。

今西正彦

 

話し合いをして、お互い意見を出してアイデアを言い合うようになっていきます。

グループ評価プデュ

 

菅井トレーナーが感情が入り込みやすいような振り付けをしたほうが良いとアドバイス。

グループ評価プデュ

(菅井トレーナーの指導はいつも熱があって最高です。)

 

アドバイスを貰って更に曲に合ったダンスを作っていきます。

日プ

 

そして本番です。

最初のグループ紹介の時の挨拶から仲の良さが伝わってきました。

グループ評価

 

白岩瑠姫くんがプリンスっぽく挨拶をします。

グループ評価

白岩瑠姫くん「今日からみんな、俺の織姫」

今西正彦くん「キュン♡」w

 

WHY?(Keep Your Head Down)チーム-パフォーマンス動画-PRODUCE101JAPAN(日プ)グループバトル(グループ評価)

WHY?(Keep Your Head Down)チームのパフォーマンス本番です。

力強いボーカル!まとまったダンス!

かなり好きなパフォーマンスです。

白岩瑠姫くんのセンターは大正解!

 

NO CUT ver(定点カメラ)もどうぞ↓

定点カメラだとダンスが良くわかって更に良い!

 

WHY?(Keep Your Head Down)チーム-順位発表-PRODUCE101JAPAN(日プ)グループバトル(グループ評価)

WHY?(Keep Your Head Down)チームのグループ評価、順位結果についてです。

その前に大事なベネフィット(ボーナス)得点がどれ程貰えるのか?について記載します。

 

ベネフィット(ボーナス)について

今回のベネフィットはとても大きく、貰えるとかなり有利となりまます。

各グループの中で1位だった練習生 2万票
全グループの中で1位だった練習生 5万票
全グループの中で1位だったグループの全員 一人ずつ10万票!!

中でもグループ全員に一人ずつ10万票貰えるのは嬉しいですね!

どのグループも狙うのはもちろん、グループ1位です。

 

グループ内順位

WHY?(Keep Your Head Down)チーム内の順位です。

グループ評価

1位は與那城奨くんでした!

與那城奨

驚く與那城奨くん。

安藤誠明くんか今西正彦くんが1位だと予想していたので、自分が1位になってかなり驚いたようです。

2位は安藤誠明くん

3位は白岩瑠姫くん

4位は佐野文哉くん

5位は今西正彦くん

6位は内田脩斗くん

という結果となりました。

ボーカル勢が上位に入っている所を見ると、現場では歌のほうにかなりインパクトがあったんでしょうね。

 

個人総合順位

(※ベネフィット有り)

7位 與那城奨 20,407票
16位 安藤誠明 404票
18位 白岩瑠姫 381票
25位 佐野文哉 337票
27位 今西正彦 332票
45位 内田脩斗 259票

與那城奨くんは7位に入りました!

 

グループ順位

目標にしていたグループの順位です。

グループ評価

グループ順位は3位でした。

1位を目指していましたが、残念でした。。

ですが1位になってもおかしくない素敵なグループだったと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です